本文へスキップ

継続サポート

継続サポート基礎が大切です

継続サポートについて

徳田整体の継続サポート

今後の予防や機能、体質改善へのご要望があれば継続サポートさせて頂きます。

継続サポートとは

方針イメージ

身体の機能改善、体質改善に向けて継続してサポートをさせて頂きます。
めまい、耳鳴り、慢性頭痛、慢性疲労からのうつ、逆流性食道炎、間欠性跛行、PMS(月経前症候群)、運動機能の回復など
「自分で治したい、改善したい、変わりたい」方の継続サポートです。
基本的に整体によるバランス調整と日常におけるコーチング(指導)です。
あとは自然に体が自分で機能回復を果たしてくれます。

機能改善継続サポートの流れ(なんとなく解説)

  1. 全体的なバランス調整

    基本です。結果的にこれが一番の近道なので、急がば回れです。どうしても最初は症状や不具合のある部分の調整をして欲しくなるものなんですけれど、ここが一番大切なところです。時間も回数もかかります、今まで好き勝手に使ってきたお体ですからあちこちガタがきてます。 ただ、物とは違うのでキチンと調整して環境を整えてあげると段々と形として見えてきます。
  2. コーチング(指導)

    整体で全体的なバランスを整えることで「回復しやすい状態」に持っていきます。回復しやすい状態なので回復させてあげなければ意味が無いんです。そこで日常における生活のコーチングが必要になってきます。少しでも確実に、そして効率よく回復して貰う為に素直に実行して頂けるとありがたいです。
  3. 部位別の調整

    全体的バランスの整った状態である程度経過していくと、体が本来持っている地力(じりき)も回復していきます。地力が回復してくると、今まではその生命を維持するだけで手一杯だった体にも他の部分を修復する余裕が出でくるんです。そこまでくると部位別の調整に入ります。
  4. コーチング(指導)

    体の地力も回復して、体全体が元気になってくると今度は機能するところは機能して貰わねばならないので、「機能を使ってもらいます」本来ある機能を使いこなさずに偏った使い方ばかりしている癖の修正です。癖取りとも呼んでます。「無くて七癖」という位なので、本人が気付かずにやっている癖を認識して貰って意識して修正して頂きます。
  5. 全体的バランスの再調整

    体も変わって使い方も変わってくるのでそこに適応したお体に調整し直します。前半の調整は「回復を早める為の調整」、ここではより機能的に体を使う為の調整です。
  6. 意識レベルでの変換

    ここまでくると、最初の頃と比べるとその変化が確実に実感出来ている頃です。あとは同じ失敗は繰り返さないように「元の体に戻さない為の意識レベルでの変換」が必要になってきます。
  7. 変換した意識レベルに合わせての全体的バランス調整

    心と体は表裏一体ですから、意識が変わればそれに合わせるように体も変わってきます。そこのシフトチェンジがスムーズにいくようにお体全体の調整をしていきます。意識が違うので生き方自体が変わるんです。ここまでくると、どうやって体が改善していったか、何が体を悪化させていったのかも自分で学んできているので今後は自分で管理をするも良し、時折メンテナンスして状態をチェックさせて頂いても良し、元気な体でご活躍して頂きたいと思います。

と、流れとしてはこのような形になると思います。


実施回数と期間の目安

最低週1〜2回ペースで受けて頂きます。それを4ヶ月を目安に1クールとして実施します。スケジュールも最初に4ヶ月分入れて頂くとご希望の日時に予約が取りやすいです。症状の酷い場合や薬の服用期間が長い場合などはお体の地力が回復するまでに期間を要する場合がありますので2クールを目安にしてください。


妊活にも活用できますか?

体の全体的なバランスが整いますので良い影響はあると思います。途中で妊娠された場合にはマタニティサポートに切り替えさせて対応させて頂きます。


どんな症状に効果があるんですか?

立場的に「○○に効果があります」とは表記したり出来ません。お体全体のバランスが整うということは自律神経のバランスやホルモンバランス、血行等にもそれ相応の変化があると解釈していただければご自身の要望にお応え出来るかどうかも判断して頂けると思います。
整体というのはあくまでも民間療法としての立ち位置なのでご了承くださいませ。


Tokuda Seitai徳田整体